糖尿病の初期症状で最もわかりやすいサインは足?多尿や喉の渇きではない?

 

発病しても症状がとてもわかりづらいと言われる「糖尿病」

 

風邪やインフルエンザみたいに、

高熱、咳、鼻水などの症状が出れば早期発見・早期治療ができますが、

 

何も自覚症状がないと病院などで検査する以外に、

血糖値はなかなか測ることができませんから厄介ですよね。。。

 

実際に私の患者さんの知り合いには、

靴ずれで足に傷を負ったのですが糖尿病の症状が進行していたせいで、

足の傷に全く気付かずに放置をしていたら、

 

そこの傷が膿んで炎症が広がって出血起こし、

その状態で病院に行ったらもう手遅れの状態となっていて

「足の切断」という対処になった方がいらっしゃいました。

 

cookware01_m01

 

ちなみにその方の血糖値は

「500」と正常値とはかけ離れた数値だったみたいです。

 

・・・・・で、このような事例を見るとどうしても

「血糖値がそのような数値になる前に、

自身が糖尿病ではないかと気づかなかったのか」

と思ってしまう方も恐らくは多いのではないでしょうか?

 

しかし、現実は糖尿病の初期症状がとてもわかりづらいことから、

仕事やプライベートで忙しい方はそちらが優先になってしまい、

 

「何か体に違和感を感じるけど、まぁ・・・・・大丈夫だろう」

 

と、あまり糖尿病の初期症状に関して真剣にならない方が多いのが現実なのです。

 

そこで、今回は糖尿病が原因で最悪の事態を避ける為にも、

糖尿病の初期症状に関しまして詳しく述べていきたいと思います。

 

 

糖尿病の初期症状で最もわかりやすい部分の真実

 

56f2d064ee649e1d008b49cd_lg

 

そもそも糖尿病には以下のように

 

・喉の渇き

・多尿

・手足のしびれ、痛み、違和感

・倦怠感

・独特な甘い匂い(アセトン臭)

・体重の低下

 

などが上げられています。

 

その中でもよくテレビや雑誌なので、

良くクローズアップされるのが「喉の渇き・多尿」です。

 

恐らく、手足のしびれ、痛み、違和感、倦怠感、体重の低下などは

糖尿病以外の病気でも比較的に現れやすい症状でありますが、

 

「喉の渇き・多尿」は糖尿病以外では比較的にあまりない病気だから

この「喉の渇きと多尿」がクローズアップされているのだと思います。

(喉の渇きと多尿になる病気としては原発性アルドステロン症、シェーグレン症候群とかありますが、発症数は糖尿病と比較してもかなり少ないと思いますからね)

 

ちなみに糖尿病での「喉の渇き・多尿」を具体的に説明しますと、

 

・運動もしていなく、暑くもなく、しょっぱいものも食べてもないのに喉が常に良く乾く

・何か飲み物を飲んでも全く喉を渇きが癒されずに、再び水分を取りたくなる衝動にかられる

・故に常に何か水分を飲んでいないとなぜか落ち着かない

・1日の正常な成人の摂取量は2L程度を遥かに超える水分摂取量(5リットル以上は明らかに異常)

・平均排尿回数である「1日に7~8回」を遥かに超える排尿回数(10回以上から怪しい領域に)

 

など、主にこのような感じになりますね。

 

ちなみに上記のような状態になってしまう理由を述べますと

 

糖尿病の人の体は「高血糖状態」であることから、

この状態を何とかしようと人間の体が脳に

「水分を取り込んで血糖値を下げろ!」と要求をすることから

「喉が渇いた」と自覚するようになる

喉の渇きによって水分を摂取したことにより血管内に多量の水分が取り込まれる

しかし、人間の血管は増え過ぎた水分を減らそうとして水分を血管内から尿に送ってしまう

さらにこの際、人間の体に必要な水分まで排尿によって出されてしまう

その結果、再び脱水が起きてしまい人間の体は水分を欲し、喉が渇きを覚える(最初に戻る)

 

と、いう感じですね。

 

 

簡潔に述べれば・・・・・

「喉の渇き→多飲→多尿→脱水」

と、糖尿病の方は血糖値が高いことから、

この負サイクルを繰り返すことになってしまうのです。

 

 

 

そう、ですから糖尿病の初期症状として「喉の渇きと多尿」が起こるのです。

 

 

tounyoubyou1

 

 

・・・・・しかし!

 

 

個人的にはこの「喉の渇きや多尿」に関して、物申したいことがあるのです。

 

それは糖尿病になっていなくとも「喉の渇きや多尿になるパターン」もあることから

一概に「喉の渇きや多尿」があるからといって「糖尿病ではない」と物申したいのです。

 

 

具体的に言えば、

 

運動もしていなく、暑くもなく、しょっぱいものも食べてもなくとも、

昔から人よりも水分を多くとる体質であることから水分を多く摂取していたり、

 

カフェインを含むもの(コーヒーや茶類)を好んで飲む為に、

カフェインの効果の「利尿作用」よって多尿になり、

そのことから必然的に水分が少なくなって喉の渇きも多くなったり、

 

お酒が大好きなことからアルコールを頻繁に摂取し、

アルコールにはカフェインと同様に「利尿作用」があることから多尿になり、

そのことから必然的に水分が少なくなって喉の渇きも多くなったり、

 

など、このようなこともあり得るからです。

 

 

また、私のプロフィールを見て頂ければ分かるかと思いますが、

私は過去に糖尿病疑惑になったことがあり、

 

私は昔から水分を人よりも多く摂取する傾向&コーヒーが好きであったことから、

「水分を人よりも多くとるし、結構排尿回数も多いし、やっぱり自分は糖尿病かもしれない・・・・・」

と、検査の結果は全くの正常だったにも関わらず、

糖尿病の恐怖に襲われたこともあることから、

 

「私だけではなく、同じように糖尿病ではないのに、

喉の渇きや多尿があることから、自身が糖尿病ではないかと心配している人がいるはずだ!」

 

と、感じたからこそ、このような主張しているのです。

 

また、糖尿病に詳しい人は既に知っている方も多いとは思いますが、

実は糖尿病の初期症状で最も出やすい症状は「喉の渇き・多尿」ではないのです。

 

では、何が糖尿病の初期症状で一番出やすいのかと言いますと・・・・・

 

 

糖尿病の初期症状で一番多いのは「足の異常」

 

wysiwyg_gmd_38f823633a4528723e2a

 

そう、糖尿病で一番初期症状が出やすいのは実は「足」の症状なのです。

 

なぜ、糖尿病で一番初期症状が出やすいのが「足」かと言いますと、

そもそも糖尿病の3大合併症と言われる

 

「糖尿病神経障害」

「糖尿病網膜症」

「糖尿病腎症」

 

の中でも「糖尿病神経障害」は、

上記の3つの中でも一番初期症状が出やすいのです。

 

そして「糖尿病神経障害」では、主に症状として、

末梢神経障害が現れるのですが、

 

この末梢神経障害が現れる場所として、

人間の末端の毛細血管に酸素や栄養が送られにくい場所が最も症状が出やすいのです。

 

そう、だからこそ、人間の体の中でも心臓から最も遠い場所にあり、

末端の毛細血管に酸素や栄養が送られにくい場所である

「足」に糖尿病の症状が最も出やすいのです。

 

 

ちなみに糖尿病の初期症状の具体的な足の症状を言いますと

 

・足が以前よりも冷えを感じるようになった or 火照りを感じるようになった

・足先に痺れ・ピリピリ感・ヒリヒリ感・チクチク感などを覚えるようになった

・ぶつけた、傷つけた思い出もないのに足先がなぜか痛い

・なぜか足の皮が以前よりもむけやすくなった

・足の感覚が以前によりも鈍くなった or 違和感を感じるようなった

・足が以前よりも攣りやすくなった(こむら返りが起きやすくなった)

・長時間歩行するとふくらはぎが痛くなるようになった

 

など、このようなものが現れるようになります。

 

また、上記の症状以外にも糖尿病の初期状態になりますと、

 

・急に(爪)水虫になってしまったり、(爪)水虫が悪化するようなった

・魚の目やタコが以前よりもできやすくなった

・足の爪が巻き爪になりやすくなった、または悪化した

・冬場でもないのに足の皮膚がやたら乾燥したりひび割れするようになった

 

と、水虫、魚の目やタコ、巻き爪、乾燥などの

健康体の時には現れなかった症状が現れる傾向が高くなります。

 

ですから、自身が糖尿病になっているかどうかを判断する時は、

是非ともご自身の「足」の状態を基準にしてみてくださいね。

 

 

けど、私の本音は糖尿病の初期症状が出る前に・・・・・

 

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

 

ここまで糖尿病の初期症状に関して色々と述べてきたのですが、

実は私の本音を言えば、

 

糖尿病の初期症状が出るまでには、

ある程度の期間「高血糖」が続いている状態を

放置してしまった結果出ることからも、

 

もし、この記事を見ているあなたが糖尿病を心配してみているのであれば、

血糖値は医者に行ったり、健康診断や人間ドックで採血をすれば、

血糖値はすぐに測れるものですので、

早急に検査をできるところに行くことをお勧めします。

 

なぜなら、どんな病気でもそうですが、

早期発見・早期治療が病状を悪化させない為の鍵を握るからです。

 

糖尿病は手足の切断は勿論のこと、

動脈硬化の原因となって脳血管障害、心筋梗塞などの引き金となり、

最悪の場合は死にいたる病気です。

 

また、糖尿病の初期症状は最も「足」の出やすいと言いましたが、

最も出やすいと言っても何も症状が現れない人も中にはいらっしゃるのが現実です。

 

だからこそ、自分の身は自分だけですから、

自身でできる対策は徹底的にやっていきましょうね!

 

それが自らの命を救うことになりますよ^^

 

 

血糖降下薬・食事制限・運動なしで血糖値を66mg/dL下げたやまざきの治療体験記


こんにちは、サイト管理人の医療従事者やまざきです。

糖尿病は病院に行かなくても改善できる。

と言われても
糖尿病って一生治らないんでしょ?

と思いますよね。
確かに糖尿病は非常に厄介な病気です。

放置をしてしまうと取り返しのつかないことになります。
私の身内は糖尿病が原因で両足切断、そして寝たきりになって亡くなりました。

でも私自身、糖尿病になりわかりました。
世の中の糖尿病治療は嘘だらけだったことを。

そして『本当に』正しい糖尿病改善法を知って半信半疑で試した結果
血糖降下薬・食事制限・運動なしで根本から血糖値を下げることができました。

その値、なんと空腹時血糖で-66mg/dL

それ以来血糖値で悩むことはなくなりました。
今ではある程度気を付ければ家族と同じものを食べられています。

糖尿病は血糖降下薬・食事制限・運動なしでも根本から改善することができるのです。

私が糖尿病を根本から改善することができた秘密は下記リンクからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

血糖降下薬・食事制限・運動なしで糖尿病を改善したやまざきの治療体験記


実際に30日間飲んでもらって血糖コントロール補助効果があったリアル体験記!


驚きの補助効果がありました!

詳しくは以下の画像をクリックしてください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495
白井田七を無料で手に入れる方法を限定公開中