【5分で完璧】糖尿病で本当に注意しないといけない食事!食べて良いものとダメなものとは?

 

自身や周りの方が糖尿病と発覚した際に、

病状を悪化させないように最も気を付けなければならない要素である「食事」

 

その食事ですが、糖尿病の場合はどのようなものであれば食べても大丈夫で、

どのようなものがあまり食べると良くないものかを、あなたはご存知でしょうか?

 

「何となくはわかるけど、詳しくは分からない・・・・・」

 

という方は恐らくは殆どではないでしょうか?

 

そこで今回は糖尿病の際の食事面に関して、

これから詳しく述べていきたいと思います。

 

現在、糖尿病悩んでいる方、

また血糖値が高くて糖尿病予備軍の方は必見ですよ^^

 

 

糖尿病の時に積極的に取らない方が良い食べ物や飲み物

20060805104509

 

まずは糖尿病の時にあまり積極的に取らない方が良い食べ物や飲み物ですが、

ざっくり伝えますと

 

「GI(グリセミック・インデックス)値が高い食品」

「高カロリーな食品」

「糖分が多い食品と飲み物」

 

を避けた方が良いと言われております。

 

で、恐らく最初の項目で「GI値」とありますが、

「GI値」と言われても、

ピンと来る人は少ないかと思いますので説明しますと

 

「GI値」とは、食後血糖値の上昇度を示す指標であり、

高ければ高いほど食後血糖値の上がりが激しい事を示すのです。

 

ですから、血糖値が高いことから体に負担がかかり、

様々な体の部位に病気をもたらす糖尿病にとって「GI値」が

高い食品は体にとって良くない食品なのです。

 

ちなみにこの「GI値」が高い食品には、

「白米、精製された小麦粉で作られたパン、うどん

などの「炭水化物」が該当します。

 

 

4bb433ace71bec0d9bdbf05df461d5a5

 

そう、実は現代の私たちの主食となるものは、

実は「GI値」が高くて糖尿病の方の食事には適していないのです。

 

ですから、良く会社勤めの人は、

昼食をコンビニエンスストアのおにぎりや菓子パンなどをいくつか買って、

 

手軽に済ましてしまう人も多いのですが、

実は非常に血糖値を高くあげしまうものばかりを摂取していますので、

非常に体には良くない行為なのですよね。

 

また、GI値以外にもここら辺は知っている方も多いと思いますが、

からあげ・フライ・てんぷらなどの揚げ物、中華料理に多い油での炒め物、

バター・マーガリン・ドレッシングなどの高カロリーな食品や

 

ケーキやパフェやまんじゅうやクレープなどの糖分の多い食品

そして、缶やペットボトルのコーラ、コーヒー、紅茶、

サイダー、オレンジジュースなどの糖分の多い清涼飲料水も糖尿病の方には良くありません。

 

また、この他の食品以外には

ハンバーガー、ホットドック、牛丼などのファーストフードも

糖尿病の方には良くないので食べることを控えた方が無難です。

 

ちなみに、その他にも以下の食品や飲み物は避けた方が無難だと言われております。

 

スクリーンショット 2016-04-17 10.37.38

(クリックすると拡大します)

http://www.tounyoubyoudiet.com/dietary_cure/refrain.htmlより引用
※追記

アボカドが含まれておりますが糖質が少なく栄養価も豊富なため

私は摂取量と味付けに気をつければ問題ないと考えています。

カロリーが高いため食べ過ぎには注意してください。

 

・・・・・上記で紹介した食品以外では、

炭水化物である「芋類」もあまりよくないことや、

缶詰め類や調味料類も糖尿病の方にはあまり良くないのですよね。

 

ちなみに基本的に私が好きな食べ物や飲み物のほとんどが、

糖尿病になってしまった際に控えた方が良い食品や飲み物に該当していました^^;

 

以前はプロフィールに書いてある通り、

今は食事制限をしていないのですけども、

もしも糖尿病のままだったら、非常に私は辛いですね。。。。。

 

 

糖尿病の時に積極的に取っていきたい食べ物と飲み物

rheumatism18

 

で、反対に糖尿病の時に、

積極的に取っていきたい食べ物や飲み物を上げますと、

 

・キノコ類

・海藻類

・玄米、麦ご飯

・緑茶、バナジウム水

 

等が代表的なものになりますね。

 

で、これらに関して一つずつ解説していきますと

 

l_ar0000126

 

まず「キノコ類」はしいたけ、しめじ、マイタケ、エノキなど様々な種類がありますが、

キノコ類のどれが非常にカロリーが低くて、糖尿病におすすめの食物繊維も豊富に含んでおります。

 

ちなみに一般的に食物繊維は、

便秘の改善やコレステロールを体外へ排出する効果のあるものとして、

捉えられておりますが、

 

実は食物繊維は腸内での糖の吸収を抑える効果もあることから、

食後の血糖値の上昇を抑える効果もあるのです。

 

その結果、すい臓から分泌されるインスリンの量も少なくて済むので

体への負担少なく済ませることができるのです。

 

ですから、食物繊維が豊富に入っているキノコは

糖尿病の方にとってうってつけの食べ物なのですよね。

 

また、キノコは味や食感など工夫次第でとても満足感の得られる食事ができるので、

辛い食事制限を続けている糖尿病患者にとって非常にありがたい食材のひとつです。

 

kaisou65g2

 

で、次に「海藻類」ですが、

海藻類もキノコ類と同様に食物繊維が豊富に含まれていることから

糖尿病にとって良い食べ物と言われております。

 

また、海藻類は食物繊維以外にも、

ミネラルやビタミンも豊富に含んでおります。

 

特に海藻類のなかでも私たちがよく口にする

「わかめやひじき」は「カルシウム量が牛乳の10倍以上」と言われております。

 

それに海藻類は胃のなかで水分を吸収して、

膨らむことから「満腹感」を得られやすいことから、

 

糖尿病の天敵である「炭水化物」を取り過ぎてしまうことも

防ぐことができることからも非常に素晴らしい食品なのです。

 

da677130

 

そして、「玄米、麦ご飯」ですが、

これらは「GI値」が「白米、精製された小麦粉で作られたパン、うどん」よりも低いことから、

糖尿病の人が主食として食べることを勧められている食べ物でもあります。

 

他にも「玄米、麦ご飯」は「GI値」が低いだけではなく、

先ほどから糖尿病には効果が高い食物繊維が豊富に含まれていることから、

 

糖の吸収を穏やかにしたり、満腹感を感じやすくさせる効果があり、

さらにコレステロールを減少させる効果もあることから、

おすすめの主食といわれているのです。

 

ちなみに最近では、日常の食事で食べている白米の3分の1を、

精白されていない玄米に変えることによって

 

2型糖尿病の危険性が大幅に低下するとの研究が、

ハーバード公衆衛生大学院にて発表されたりもしておりますね。

 

mizu

 

で、最後の糖尿病の方にオススメの飲み物である「緑茶、バナジウム水」ですが、

 

まずは緑茶にはご存じの皆さんも多いと思いますが

「カテキン」が豊富に含まれており、

 

カテキンには、抗酸化作用、抗炎症作用、抗血栓作用などの、

血管を保護する効果があることから糖尿病に効果があると言われております。

 

そして、もう一つの「バナジウム水」ですが、

これは富士山の裾野から採水したバナジウムを含有するバナジウム天然水が、

動物実験レベルで糖尿病改善効果を有することが発表したことから、

糖尿病に効果があると言われてるようになりました。

 

ちなみに、一時期バナジウム水は糖尿病に効果がないと言われていたようですが、

中村学園大学の研究グループや東京医科大学準教授・渡辺泰雄医学博士の研究によって

 

バナジウム天然水はバナジウムを含まない水と比べて、

血中インスリン値が4分の3に抑えられる驚きの効果があったり、

半数以上の糖尿病患者の血糖値が正常値に戻ったりしたという報告により、

 

個人差はあるけれども、

糖尿病に効果があることが実証されたことから、

再び、糖尿病に良い飲み物として言われるようになったのです。

 

 

ちなみに、多量に摂ることはオススメしませんが、

他にも糖尿病の方でも食べても平気な食品も以下に紹介いたします。

 

スクリーンショット 2016-04-17 11.08.15

(クリックすると拡大します)

http://www.tounyoubyoudiet.com/dietary_cure/ok.htmlより引用

※追記

アボカドが含まれておりますが糖質が少なく栄養価も豊富なため

私は摂取量と味付けに気をつければ問題ないと考えています。

カロリーが高いため食べ過ぎには注意してください。

 

意外にも多量に食べなければお肉類や魚介類が平気だったり、

アルコール類でもウイスキーや焼酎などでしたら平気なのですよね。

 

ちなみに基本的に芋類はダメなのですが、

「こんにゃく」だけは低カロリーで食物繊維が豊富なことから、

糖尿病に良いと言われている食品になっております。

 

 

その他、食事面の注意事項

 

conts_02

 

今まで色々な糖尿病に関して良い・悪い食べ物や飲み物に関して説明してきましたが、

それ以外にも「食事の回数」や「食べるスピードや食べ方」によって人間の血糖値は大きく変化致します。

 

例えば、朝食や昼食を抜く、

また1日1食で一気にご飯をまとめて食べるなどをすると

一度にたくさんのインスリンが必要になるため、

膵臓に負担がかかり糖尿病には悪影響を及ぼします。

 

 

ですから、実は糖尿病の方はカロリーに気をつけて

実は「一日三食をきちんと取る」ようにするのが最も良いのです。

 

で、これに対して

「えー、何か糖尿病の人は三食よりも二食か一食の方が良さそうな気が・・・・・」

と思う方もいるかもしれませんが、

 

中東のイスラム教国家に糖尿病患者が多く存在するのですが、

この国家はイスラム教のラマダン(断食)をすることにより、

断食の反動で夜眠る前の「大食い」をする人が多く、

膵臓に圧倒的な負担をかけている人が多いことから糖尿病となっているのです。

 

この例からも、糖尿病になっている方は、

唯一血糖値を下げてくれる物質を足してくれる膵臓に負担をかけないためにも

しっかり「一日三食」をきちんと取った方が良いのです。

 

また、食事の回数も重要ですが、

食事のする際の「食べるスピードや食べ方」も重要になります。

 

良く糖尿病の方は「意識してゆっくりめに、よく噛んで食べる」と言われますが、

これは、ゆっくり良く噛んで食べることによって「満腹感」を感じやすくなり、

食事によっての血糖値が上昇を抑えることができるからです。

 

ちなみに理由としては脳の視床下部にあるお腹の満腹を脳に感じさせてくれる

「満腹中枢」がお腹がいっぱいになっていることを、

体から脳に伝えるまで20分程度掛かることから、

良く噛んでゆっくり食べない・・・・・・

 

要は早食いをすると、血液中の糖分が増えるより先に胃に食べ物が送り込まれてしまいますので、

満腹感を感じる前にどうしても食べ過ぎてしまい、結果的に血糖値を上げてしまうからです。

 

また、食べ方という点では

 

食事の際に最初からご飯やおかずから食べずに

サラダや海藻類・きのこなど食物繊維を多く含んだものを

初めに食べること良いこと言われております。

 

なぜなら、これらは血糖値の上がりにくい食品であることから、

体に負担の掛かる急激な血糖値の上昇が抑えることが出来たり、

食物繊維が胃の中で膨らむことにより満腹感を早く現れて食べ過ぎの防止となるからです。

 

 

ちなみに実際に日頃から食物繊維を多く摂取する人は、

そうでない人に比べて体重が増えにくく、糖尿病の発症率も3割程度低いことが、

最新のアメリカの研究では明らかになっています。

 

 

このことから食事の際は上記で述べたように、

食物繊維が豊富で血糖値の上昇を抑えてくれる食品から取ってから、

他の肉や魚などのおかず、そして最後にGI値が高く、

血糖値を上げやすい白米、パン、麺類などを食べることを強くお勧めしますよ。

 

 

と、いうわけで今回は・・・・・

 

OZP73_okusuridasimasyouka20140321_TP_V

 

と、いうわけで今回は、

「糖尿病で本当に注意しないといけない食事!食べて良いものとダメなもの」

をザックリと伝えてきましたが如何だったでしょうか?

 

糖尿病をこれ以上悪化させない、

または糖尿病を予防するためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

 

また、今回の記事では一つ一つの食品にはあまりフォーカスしませんでしたが、

今後は一つ一つ詳しく解説していきたいと思いますので、期待して待っていてくださいね^^

 

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

血糖降下薬・食事制限・運動なしで血糖値を66mg/dL下げたやまざきの治療体験記


こんにちは、サイト管理人の医療従事者やまざきです。

糖尿病は病院に行かなくても改善できる。

と言われても
糖尿病って一生治らないんでしょ?

と思いますよね。
確かに糖尿病は非常に厄介な病気です。

放置をしてしまうと取り返しのつかないことになります。
私の身内は糖尿病が原因で両足切断、そして寝たきりになって亡くなりました。

でも私自身、糖尿病になりわかりました。
世の中の糖尿病治療は嘘だらけだったことを。

そして『本当に』正しい糖尿病改善法を知って半信半疑で試した結果
血糖降下薬・食事制限・運動なしで根本から血糖値を下げることができました。

その値、なんと空腹時血糖で-66mg/dL

それ以来血糖値で悩むことはなくなりました。
今ではある程度気を付ければ家族と同じものを食べられています。

糖尿病は血糖降下薬・食事制限・運動なしでも根本から改善することができるのです。

私が糖尿病を根本から改善することができた秘密は下記リンクからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

血糖降下薬・食事制限・運動なしで糖尿病を改善したやまざきの治療体験記


実際に30日間飲んでもらって血糖コントロール補助効果があったリアル体験記!


驚きの補助効果がありました!

詳しくは以下の画像をクリックしてください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495
白井田七を無料で手に入れる方法を限定公開中


3 件のコメント

  • 糖尿病発症危険が高いと言われた、50代女性です。
    なるべく避けたい食べ物の中に「アボカド」がありますが、他のサイトでは積極的に摂るように、とありました。どちらが正しいのでしょうか。その根拠も教えていただきたいです。

    • ご意見いただきありがとうございます。

      結論から申しますと摂取量と味付けに気をつければ
      積極的に摂っていただきたい食品です。

      誤解を招いてしまい申し訳ありませんでした。

      この画像は他サイトから引用させていただいたものですが
      その画像の中にアボカドがある理由として
      脂質が多くカロリーが高いためだと考えられます。

      糖尿病の治療で言われる食事制限はカロリー制限であることが多く
      そのため高カロリーにつながりやすいアボカドは
      あまり良くないということで含まれているのだと思います。

      しかしアボカドに関しては栄養価が高くて糖質も少なく
      脂質も良い脂質が豊富に含まれております。

      ですので食べ過ぎないようにすることと味付けに気をつければ
      私は積極的に摂るべき食材であると考えています。

      本文に追記しておきますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です