【体に最悪?】アステルパーム・スクラロースは糖尿病予防に効果は本当にあるのか?

 

糖尿病の方、また糖尿病を予防している方が、

血糖値を今以上高くならないようにする為、

予防と一つとしてよく取る食品や飲料である

「カロリーOFF・カロリーゼロ商品」

 

そして、それらの商品に多く含まれているのが人工甘味料であり、

人工甘味料の中でも有名なのが「アステルパーム・スクラロース」です。

 

これらの人工甘味料は普通の砂糖とは違って、

カロリーがほぼないことから、血糖値の上昇を防ぐことができ、

糖尿病など血糖値が気になるからにオススメのものとして有名なのですが・・・・・

 

実は体にかなり悪影響が強いものとして、

一部ではかなり噂になっていることをあなたはご存知でしょうか?

 

・・・・・既にご存知の方は良いかもしれませんが、

「え?そうなの!?」という、

 

アステルパーム・スクラロースについてよく知らない方は、

これらの人工甘味料が及ぼす健康被害が、

どのようなものかを知っておくことは非常に大事ですので、

 

今回は

「アステルパーム・スクラロース」

について詳しく述べていきたいと思います。

 

 

太る&様々な病気を引き起こすアステルパーム

 

o0540036111512683063

 

アステルパームの始まりですが、

アステルパームは今から50年前以上である、

1965年にアメリカで開発された人工甘味料であり、

日本では1983年に使用認可となり、世に広まっていきました。

 

ちなみに、アステルパームのカロリーは、

砂糖と同じく1グラムあたり4キロカロリーでありながら、

砂糖と比較して200倍の甘味を持つ特性から、

使用量が砂糖の200分の1で済むのです。

 

ですから、このようにカロリーを抑えて甘味が出せる特性から、

積極的に今のゼロカロリー、カロリーオフの商品に使われるようになったのが現状です。

 

で、このようなデータを見ると

アステルパームはカロリーを抑えたい人に

有効的なものに見えるかと思いますが・・・・・

 

 

実はアステルパームが体重増加や血糖値を下がりにくくする作用、

そして、目の痛み・かすみ、聴力減退、

頭痛、高血圧、蕁麻疹、下痢、血便、月経不順など

様々な病気を引き起こす可能性があると言われているのです。

 

 

このことからもアステルパームは、

カロリーを抑える甘味料であることから

 

「ダイエットや糖尿病に最適だ!」

 

と思って多量に摂取してしまうと、

 

肥満や糖尿病の改善どころか、

余計悪化させてしまうという最悪の事態になりかねないのです、

 

 

しかし、アステルパームの悪影響に関して人によっては

「体への悪影響は科学的な根拠もでていないから闇雲に信じない方が良い」

と、言った声もあるのが事実です。

 

 

そこで、アステルパームのことをさらに色々と調べてみたところ

肥満や血糖値の下がりにくくする作用に関しては、

こちらの記事に書きました通り「科学的な根拠」もありますので、

 

どのみち糖尿病の方や糖尿病予備軍の方はアステルパームを、

摂取することはできる限り控えた方が良いものであることは確かだと思います。

 

ちなみにアリが多く家に入ってくるアメリカのフロリダ州では、

たくさんの人々がアスパルテームを利用してアリを退治しているようです。

 

何やら虫が多いフロリダでは、

アスパルテームは「殺虫剤」として欠かせないことだそうです。。。。

 

 

こちらも危険!?スクラロースの危険性について

 

100-グラム-スクラロース食品グレード甘味料

 

スクラロースはアステルパームと同様で有名な人工甘味料の一つでありますが、

この人工甘味料もアステルパームと同様で、体への悪影響を懸念されております。

 

その具体的なスクラロースの危険性ですが、

スクラロースの危険な理由は分子の構造に人間の体にとって有害な塩素があり、

 

性質がダイオキシンや

海外では使用が禁止されている国が多い危険な農薬であるDDT

にとても似ているのです。

 

さらにスクラロースは138度を超えると、

人体にとって非常に毒性が高い塩素ガスが発生するのです。

 

 

・・・・・もう、これだけ聞いても

十分にスクラロースの危険性が伝わるかと思います。

 

ちなみにスクラロースを摂取し続けることによって、

人体に与える悪影響は

 

赤血球の減少、肝細胞異常、甲状線機能異常、リンパ腫を起こすリスクの増加

白血病を起こすリスクの増加、卵巣腫瘍などであり、

このように様々な病気を引き起こす可能性を秘めております。

 

 

人工で出来たものは自然ではないことから信用できない事実

 

hero_girls_icecream

 

・・・・・と、いうわけで、

今回はアステルパーム・スクラロースの危険性について、

色々と述べてきましたが如何だったでしょうか?

 

 

上記のアステルパームの途中でも書きましたが、

「体への悪影響は科学的な根拠もでていないから闇雲に信じない方が良い」

と言っている人も中にはいらっしゃったり、

 

「別にアステルパームやスクラロースだけではなくて、

塩や砂糖だって多量にとれば体に悪影響を及ぼして病気になることから、

特別、これらの人工甘味料が体に悪影響とは限らない」

 

と、言っている方もいらっしゃいます。

 

これに対して私は意見に述べるとなりますと、

確かにこの考えも一理あると思うのですが、

 

私が以前血圧のサイトで書いたこちらの記事のように、

天然ではなく人工で作られたものは、

自然の摂理から考えると不自然なものとなり、

少なからず体に悪影響を与えるのが事実であります。

 

だからこそ、人工甘味料も名前の通り「人工的」に作ったので、

やはりあまり人間の体に摂取してはいけないものだと思っております。

 

ただし、今の世の中は人工甘味料を使われているものが

ありふれてしまっている現実ですので、

あまり気にし過ぎるとかえってストレスとなり、

かえって悪影響を及ぼすと思います。

 

なので、できる限り摂取しないように心がけることが

重要なのではないかと私は感じております。

 

人工甘味料に対して気にし過ぎてストレスになり、

そのストレスが原因で病気や体調不良になったら本末転倒ですからね。。。。

 

血糖降下薬・食事制限・運動なしで血糖値を66mg/dL下げたやまざきの治療体験記


こんにちは、サイト管理人の医療従事者やまざきです。

糖尿病は病院に行かなくても改善できる。

と言われても
糖尿病って一生治らないんでしょ?

と思いますよね。
確かに糖尿病は非常に厄介な病気です。

放置をしてしまうと取り返しのつかないことになります。
私の身内は糖尿病が原因で両足切断、そして寝たきりになって亡くなりました。

でも私自身、糖尿病になりわかりました。
世の中の糖尿病治療は嘘だらけだったことを。

そして『本当に』正しい糖尿病改善法を知って半信半疑で試した結果
血糖降下薬・食事制限・運動なしで根本から血糖値を下げることができました。

その値、なんと空腹時血糖で-66mg/dL

それ以来血糖値で悩むことはなくなりました。
今ではある程度気を付ければ家族と同じものを食べられています。

糖尿病は血糖降下薬・食事制限・運動なしでも根本から改善することができるのです。

私が糖尿病を根本から改善することができた秘密は下記リンクからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

血糖降下薬・食事制限・運動なしで糖尿病を改善したやまざきの治療体験記


実際に30日間飲んでもらって血糖コントロール補助効果があったリアル体験記!


驚きの補助効果がありました!

詳しくは以下の画像をクリックしてください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

u_XzP_wtBcTzJnJ1417392519_1417394495
白井田七を無料で手に入れる方法を限定公開中